無料占い.com 夢占い 四柱推命 おみくじ 占いを作る!
夢占い診断チャート 夢占い50音検索 夢占いカテゴリ検索 夢占いコラム

夢占い

無料占い.com > 夢占い > 夢占いコラム

夢占いコラム:夢を見る人、見ない人

毎日のようによく夢を見る人もいれば、年に1回ぐらいしか見ないという人もいます。一体どういう違いがあるのでしょうか?

夢はみんな見ている

結論からいって、どんな人でも、夢は毎日の睡眠で必ず見ています。ただそれを覚えているか、いないかの違いです。夢はいつ見てる?にあるように、私たちは約90分の周期で、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。

身体は眠っていて、脳だけが起きている状態、つまりレム睡眠の際に、脳は記憶の整理を行い、そこで夢を見ます。8時間の睡眠時間であれば、4〜5回のレム睡眠が起こり、そのたびに私たちは夢を見ています。

しかし、その夢すべてを覚えているということはあまりありません。夢とはもともと無意識の中での記憶ですから、それを意識的に覚えておくのはとても難しいことなのです。一番覚えていやすい夢は、目覚める直前のレム睡眠時に見た夢です。

夢を覚えておくには

朝目が覚めた時、「今日は夢を見なかった」もしくは「夢を見た気がするけど、思い出せない」という場合は、それは最後のレム睡眠が終わり、時間がたってから目が覚めたということになります。

レム睡眠が終わった直後に目覚めたり、レム睡眠中に起きたりすると、夢を覚えている可能性がとても高くなります。よく夢の途中に起こされて目が覚めるということがありますが、これはまさにレム睡眠中に起きたということなり、この場合は夢の内容を鮮明に覚えていることが多いです。

レム睡眠中に目を覚ますには、眠りに入ってから、90分の倍数の時間、つまり6時間後、7時間半後、9時間後に起きると、夢を覚えていられるかもしれません。

また夢を覚えておくためには、寝る前に「夢を絶対覚えておこう」と強く思うことも大切です。そんなことでと思うかもしれませんが、たとえば早起きしなくてはいけない日の前夜、「明日は絶対に○時に起きるぞ」と強く思って寝ると、実際にその時間よりも前に、目覚まし時計が鳴る前に目が覚めるということがあります。

レム睡眠下では、身体は寝ていても脳は起きているわけですから、寝る前に強く意識したことが脳の指令として出されても不思議ではありません。

また、朝起きた時は夢の内容をよく覚えていたのに、時間がたつと忘れてしまうことがよくあります。やはり無意識の中の記憶を、意識的に留めておくのは難しいものなのです。そんな時は、朝起きてすぐ、手帳や携帯電話のメモに夢のキーワードだけでも書いておくといいでしょう。夢からのメッセージやアドバイスを、忘れてしまわないようにしましょう。

夢をよく見る時期

同じ人でも、夢を全然見ない時期と、よく見る時期があることがあります。夢をよく見る時期には、人間関係や環境において、あなたが不安や悩み、迷いを抱えていることが多いはずです。

悩みや不安を抱えていると、無意識のうちに臆病になり、危険な状況を回避しようと、今後を予想してシミュレーションしようとする傾向が強くなります。夢とは、すべての記憶をもとに今後を予測する、脳の危機管理システムのようなものですから、必然的に夢を見る回数、覚えている回数も多くなるというわけです。

夢占いコラム 夢占いコラム

夢占いメニュー
夢占い診断チャート ┗質問に答えて、夢を占おう!
夢占い50音検索 ┗夢の内容をあいうえお順で検索!
夢占いカテゴリ検索 ┗あなたの夢をカテゴリ別に検索!
夢占いコラム ┗夢に関するおもしろ雑学集です!
夢占いメニュー
Copyright © 無料占い.com All Rights Reserved.